『Brown betty』のレトロなブリティッシュスタイルティーポット

キッチン雑貨
スポンサーリンク

2022/2/6最終更新

brown betty teapot/LUPICIA ダージリン

古くからイギリスの家庭で親しまれてきたブラウンベティーのティーポット

コロンとしたビジュアルがレトロかわいいです。

スタッフォードシャーでとれる赤土を使用し、

色味は名前の通り深いブラウン。

『ウォレスとグルミット チーズホリデー』

に出てくるティーポットに似ています。

ウォレスとグルミット/チーズ・ホリデー – 映画情報・レビュー・評価・あらすじ | Filmarks映画

ウォレスがトレーの上にお皿やティーカップと一緒に

ティーポットを、さらにクラッカーを乗せるシーンがあるのですが、

このシーンが大好きで!

スポンサーリンク

2社で異なる『Brown betty teapot』

現在市場に出回っているティーポットには

Cauldon Ceramics社製Adderley Ceramics社製

の2種類があります。

ほぼ同じ形なのですが微妙に違うのです。

Cauldon Ceramics社

BrownBetty teapot ブラウンベティー ティーポット ~ 山形 BLACKBOX (shop-pro.jp)

こちらはCauldon Ceramics社製のものです。

表面に「ORIGINAL BROWNBETTY ENGLAND」

のロゴが入っています。

(ちなみに「ORIGINAL STAFFORDSHIRE BROENBETTY」のロゴが円に入ったものもあります。)

こちらは角が一切ない、ぽってりと丸いティーポットです。

注ぎ口も厚みがあります。

Adderley Ceramics社製

BrownBetty teapot ブラウンベティー ティーポット ~ 山形 BLACKBOX (shop-pro.jp)

こちらはAdderley Ceramics社のものです。

Cauldon Ceramics社のものと比べると、

少し縦に長く、さらに持ち手の頂点が尖っています。

注ぎ口も薄く、全体的にスマートなティーポットです。

私はCauldon Ceramics社製のぽってりとしたフォルムに一目惚れしたため、こちらを購入しました。

Adderley Ceramics社の方が軽くて、

尻もれもせず使いやすいとの情報もありますが、

Cauldon Ceramics社製を実際に使用していても

こういった悩みは特にありません。

ただ、全て手作りされていて個体差があるようなので

購入してみないと、わからないところではあります。

スポンサーリンク

基本はネット購入。実店舗ならどこで?

私が見かけたお店は以下の2つ

  • Madu(ハウスウェアショップ)
  • Bshop(服や日用品のセレクトショップ)

※色味やサイズは必ずしも同じものがあるとは限りません店舗でご確認をお願いします。

Maduのブログで過去に紹介されていたことがあります。

Madu  -美味しい食卓・ここちよい暮らし- (madu-blog.jp)

Bshopは最近も店頭で見かけたので、

気になる方は探してみてください!

チョコレート色の他に、明るい茶色や青色もあります。

ネットショップでは全体的に品薄となっているので

ご注意ください💦

オンライン購入なら?

私が発見できたのは

  • amazon→こちら
  • 楽天→こちら
  • Yahoo!ショッピング→こちら
  • ZUUTO→こちら 
  • OXFORD TIME→こちら
  • TASTE→こちら
  • 以上6サイトになります。

    売り切れ商品が有ったりと、品薄になっているので

    ご注意ください。

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました