お肉だけじゃない!進化するプラントベース食品。キューピーから登場

グルメ情報
https://vegeness.com/recipe/western-food/50067/
スポンサーリンク

代替食品の代表と言えば大豆ミートだと思いますが、

卵の代替食品も誕生したのだとか。

私は卵を使わずに卵サラダを作るときは

かぼちゃ・豆腐・卵不使用マヨネーズ・塩

を使っていましたが、

何を使っているのでしょうか?

どんな形状なのかも気になります。

卵サラダ?オムレツ?スクランブルエッグ?

気になったことを色々と調べてみました!

さらに、大豆ミートにも進化系が登場したようなので

こちらも併せて調査してみました!

スポンサーリンク

卵不使用スクランブルエッグ

2021年6月30日、キューピーから

卵不使用スクランブルエッグが登場しました。

商品名は

『ほぼたま』

「ほぼ卵」という意味でしょうか^^

現在は業務用の販売のみとなっております。

一般の方向けの販売はこれからだそうです。

スポンサーリンク

「ほぼたま」の成分は?

「ほぼたま」の成分は以下の通り。

【原材料名】豆乳加工品(国内製造)、植物油脂、食塩、酵母エキスパウダー/トレハロース、加工でんぷん、ゲル化剤(アルギン酸ナトリウム)、乳酸カルシウム、クチナシ色素、増粘多糖類、調味料(アミノ酸)、香辛料抽出物、(一部に大豆含む)

公式サイトより引用

これを見ていくつか疑問点が出てきました。

  1. 味はついてるのか
  2. 加熱調理は必要なのか
  3. ヴィーガン向けなのか

調べたので、一つずつ見ていきましょう。

味はついてるのか

特に味付けはなさそうです。

公式サイトに記載のレシピを見た限りでは

完成したスクランブルエッグと同じ使い方をしていました。

調味料が入っていたので、

味が気になったのですが、

卵に似せるために入っているのかもしれません。

食べていないので正確なことは言えませんが

特に味付けをしていないスクランブルエッグと同じように使えると予想されます。

加熱調理は必要なのか

必要なさそうです。

公式サイトのレシピは

”トッピング後に塩で味を調えれば完成!”

という感じでしたので^^

ただし、冷凍保存なので解凍が必要です。

流水や冷蔵庫での解凍、

もしくはボイル、スチームコンベクションでの解凍が推奨されています。

必要ないとは言っても加熱して食べられなくなるということはないでしょう。

温めたら、食感は変わるのか、風味は変わるのか

気になります。

ヴィーガン向けなのか

正直なところ

「何とも言えない…」

という感じです。

ゲル化剤には何を使っているのかもわかりません。

ゼラチンは動物性由来のものですし、

もしゼラチン使用ならヴィーガンの方向けとは言えません。

酵母エキスもこの記事を見ると

一概にはヴィーガンOKとは言えなさそうです。

しかし、ベジタリアンの方は問題なく食べられます!

植物性由来の卵は画期的ですね^^

こちらは、動物性食品を使わないことを目的としているというよりは、

卵アレルギーの方でも卵を楽しんでもらおう!

という商品なのだと思います。

スポンサーリンク

大豆ミートも進化してる!

少し前から普及しつつある大豆ミート。

今までは乾燥ライプか、レトルトしかありませんでしたが、

Oisixから

ペースト状の大豆ミートが出るんだとか!!!

(テレビで紹介されてたんですけど、調べても出てこない…)

今まで、ミンチタイプで何とか作っていた

肉団子などが

簡単に作れるようになるんだとか。

それだけではありません。

炒めればミンチ肉としても使えるそうです。

私はこの使い方が一番気になっています。

今までのミンチタイプは歯ごたえあり、

色々ある大豆ミートの中で一番お肉から遠いな…

と感じていました。

ペースト状ということで、この歯ごたえが緩和されているのではないか

と期待しております。

歯ごたえがあると、ミートソーススパゲティにしたとき

麺と絡まないんですよね…

発売されたら絶対買う!

今後が楽しみ

今はまだ代替食品ですが、どんどん進歩していけば

フェイクなんて言えないほどのものができるのではないかと

思います。

楽しみ!

https://www.andgourmet.site/【marukome】ダイズラボ・大豆のお肉の好きなところ3つ

コメント

タイトルとURLをコピーしました